豊後高田市が定住促進で宅地42区画を無償で譲渡 車で7分に温泉が3カ所、徒歩5分に市立小中一貫校などの立地

大分県豊後高田市 「真玉分譲地」(提供:菅組)

 

 大分県豊後高田市は、定住促進を目的とした無償宅地の予約受け付けを10月15日から開始した。募集するのは、真玉住宅団地82~158坪の35区画と、都甲住宅団地90~99坪の7区画。宅地は1年間の仮譲渡を経て、要件を満たせば無償で譲渡される。

 予約受け付けは12月3日まで。12月8日に抽選を行う。12月13日から先着順で2次募集を開始する。応募資格は定住宅地に自宅を建築しようとする人で、ほかに年齢などの要件がある。

 豊後高田市は市内全域で最大1Gの光インターネットが利用できる。真玉地域は車で市街地までは15分で、7分以内に3カ所の温泉がある。都甲地域は市街地まで車で10分。県内でも珍しい小中一貫校の市立戴星学園が徒歩5分の場所にあり、柔道部は全国レベルの強豪校だ。1000年を超える伝統行事「修正鬼会(しゅじょうおにえ)」をはじめ、数々の文化財など歴史に触れることができる。

 

・詳細:https://www.city.bungotakada.oita.jp/shigai/ijuteiju/index.html

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社