大和投資信託委託、アプリで資産の増加率競う「iFreeダービー」開催 バーチャル・コンシェルジュ「リーナ」の声は声優の悠木碧さん

 

 大和証券グループの資産運用会社、大和証券投資信託委託(東京都千代田区)は、ゲーム感覚で始める投資体験アプリ「iFreeタッチ」で10月16日~2020年1月15日、資産の増加率を競う第2回「iFreeダービー」を開催する。

 「iFreeダービー」は、アプリ内の投資シミュレーションで「資産をどれだけ増やしたか?」を他のユーザーと競う大会だ。アプリをダウンロードすれば誰でも参加できる。アプリは仮想資金を使うため、損失を出してもお金がかかることはなく、アイテム課金もない。10月15日時点の資産金額を基準に、ダービー最終日時点の資産金額に対する増加率を集計して、ランキングが決定する。期間中にアプリを利用していることが参加条件。

 優勝賞金は現金100万円で、300位までは全員、300~3000位までの100番刻み28人など、計327人に現金か電子マネーギフトが贈られる。

 アプリで、バーチャル・コンシェルジュと一緒に投資を学びながら、気に入ったファンドに資金を配分し、「資産をどれだけ増やせるのか?」を楽しめる。10月8日、バーチャル・コンシェルジュ「リーナ」にボイス機能が追加され、キャラクターボイスを「魔法少女まどか☆マギカ」や「君の名は。」など多くの作品で声優を務めた悠木碧(ゆうきあおい)さんが担当した。

 

・公式サイト:https://www.ifreeapp.jp/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社