お気に入り写真のパズルと市販のパズル、どちらをやりたいですか? 高齢者福祉施設でアンケート

 

 高齢者が入所、あるいは通っている介護・福祉施設の多くで、娯楽の一つとしてジグソーパズルが利用されている。オリジナルジグソーパズルを製作するシャフト(東京都調布市)は5月29、30の両日、東京都調布市の通所型高齢者福祉施設で、高齢者8人に自身のお気に入り写真をプリントした「オリジナルジグソーパズル」を利用してもらい、アンケートを行った。

 その結果、オリジナルパズルについて「楽しかったか」と「また組み立てたいか」という二つの質問に対し、5段階評価でどちらも4.88と高評価だった。「難しかったか」については3.75にとどまった。また、「オリジナルパズルと市販パズル、どちらをやりたいか」という質問には全員が「オリジナルパズル」と回答した。その他の意見として、「パズルは初めてやったがすごく楽しかった」「20分くらい集中し、脳トレになる」などがあった。

 

・「シャフト」オンラインストア:https://shop.schaft-japan.com/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社