ホスピタリティー人材育成サミットを東京と大阪で初開催 米国大使館と米国商工会議所、ネバダ大学など米6大学が来日

文化観光プロジェクトマネジメント委員会 「米国-日本ホスピタリティマネジメントサミット」

 

 文化観光プロジェクトマネジメント委員会(東京都港区)は、在日米大使館商務部、在日米国商工会議所と共に、10月28日に大阪、30日に東京で、「米国―日本ホスピタリティマネジメントサミット」を初開催する。観光庁や文部科学省、経済産業省が後援し、会場は、大阪が関西外国語大学中宮キャンパス(枚方市)、東京が衆議院国際会議室(千代田区)。

 サミットの目標は、日米政府が協力して国際競争力のあるマネジメント人材の育成プログラムを開発し、日本のインバウンド(訪日外国人客)ツーリズムを長期的に持続成長させることにある。成長持続のためには、何千人もの管理職が必要とされ、日本の大学には、学生をホスピタリティー業界のマネジメント人材に育成するためのプログラムが求められているが、現在、そうしたプログラムを実施している学校はほとんどないという。

 サミットは、ネバダ大学ラスベガス校など、世界的に評価の高い観光経営プログラムを提供している米6大学から専門家を招聘(しょうへい)する。「ラウンドテーブルⅠ」は日本側が、インバウンドの急激な拡大と日本政府の今後の展望を紹介する。「ラウンドテーブルⅡ」は米国教育界と産業界が、主要成長分野であるインバウンドと飛躍に向けた提言を行う。「ラウンドテーブルⅢ」は米国教育界が、日本へのプログラム提供と連携について事例紹介し、意見交換する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社