台湾の世界的な飲食店フランチャイズ企業が銀座に集結 10月7日「台湾グルメ・フランチャイズ商談会」開催

台湾貿易センター 「台湾グルメ・フランチャイズ商談会」

 

 台湾貿易センター(台湾・台北市)は10月7日、東京・銀座の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」13階の「ザ・グラン銀座」で、「台湾グルメ・フランチャイズ商談会」を開催する。世界的な展開をしている台湾のフランチャイズ企業12社が来日する。

 商談会に参加するのは、フライドチキンの「フライドチキンマスター」や、その系列の朝食店「麦味登(My Warm Day)」、果実100%のレインボーアイス「スウィートレインボー」、ティープレッソマシンを使った「鮮茶道(Presotea)」など。

 2018年の台湾フランチャイズ年鑑によると、国内総生産(GDP)に占めるサービス業の割合は63.5%。フランチャイズ本部は2781社あり、前年比1.5%増加した。総店舗数は10万4959軒に上る、としている。

 

・詳細:https://tokyo.taiwantrade.com/event/detail.jsp?id=22050

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社