大阪マラソン新公式テーマソング「大阪SOUL」が完成 コブクロ書き下ろし、10月1日無料ダウンロード配信

 

 大阪マラソン組織委員会は、男性デュオ「コブクロ」の書き下ろしによる大阪マラソン公式テーマソング「大阪SOUL」の無料ダウンロード配信を行う。配信期間はマラソン実施日の12月1日午後11時59分まで。

 新コース最初の大会を記念して、公式テーマソングの制作をコブクロに依頼し、コブクロも「大阪のためなら」と快諾した。コブクロが大阪マラソン公式ソングを作るのは、2014年の「42・195km」に続き、2度目。

 コブクロの小渕健太郎さんは、これまで幾度も大阪マラソンにランナーとして参加しており、その経験を踏まえて作った疾走感あふれるテーマソングになっているという。小渕さんは、「自分が大好きで参加している大会のテーマソングを書かせてもらえるなんて、これはミュージシャン冥利(みょうり)&ランナー冥利に尽きる出来事。希望的なメロディーや大阪らしい楽しい雰囲気も織り交ぜて、元気な作品を作った」と語っている。

 

・ダウンロードサイト:https://eonet.jp/osaka-marathon/2019/kobukuro/

・公式ホームページ:http://www.osaka-marathon.com

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社