ニューヨークスタイルの海鮮丼が日本に上陸 東京一番フーズ、「WOKUNI丼」など期間限定提供

東京一番フーズ 「WOKUNI丼」(NY風海鮮丼)

 

 東京一番フーズ(東京都新宿区)は、「魚王KUNI(うおくに)」米ニューヨーク店で人気の海鮮丼など3種類のランチメニューを、10月2日から11月1日までの期間限定、店舗限定、ランチタイム限定で提供する。

 ピリ辛風味のニューヨークスタイル海鮮丼「WOKUNI丼」、新鮮な魚介にニューヨークで人気のあるチリソース「シラチャソース」を使ったピリ辛風味の「BARACHIRASHI(ばらちらし)」、ナス田楽の上にそびえ立つエビをサムライのちょんまげに見立てた、ごま豆乳スープのうどん「チョンマゲUDON」を、午前11時30分~午後2時のランチタイム限定で提供する。

 税別の価格は、「WOKUNI丼」が1800円、「BARACHIRASHI」1500円、「チョンマゲUDON」が1200円。提供店舗は「魚王KUNI」吉祥寺店、川崎店と、「魚の飯(さかなのまんま)」 新橋店、調布店。

 WOKUNIニューヨーク店は、米国にも日本の新鮮な魚を食する文化を広めたいと、東京一番フーズが2017年にオープンした海外1号店。長崎県平戸市の自社養殖場からマグロ、サバ、ブリなどを毎週仕入れ、新鮮な魚料理を手軽な価格で提供している。19年にミシュランガイドに掲載された。

 

・公式ホームページ:https://www.tokyo-ichiban-foods.co.jp/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社