千葉商大がオリジナルコーヒーを開発 「友好珈琲(ユーコーヒー)」を台湾と日本で10月発売

千葉商科大学 「友好珈琲(ユーコーヒー)」

 

 千葉商科大学(千葉県市川市)人間社会学部の勅使河原隆行(てしがわら・たかゆき)准教授のゼミナールは、オリジナルコーヒーバッグ第3弾を開発した。商品名「友好珈琲(ユーコーヒー)」として、台湾と日本国内で10月に発売する。

 勅使河原ゼミは、東日本大震災後の親子支援に取り組むふくしま子ども支援センターの事業「ままカフェ」と連携し、被災した母親たちが語らう場で飲んでもらうためのオリジナルコーヒーをこれまでに2種類開発し、販売している。3回目となる今回のテーマは「恩返し」。東日本大震災被災時に多大な支援をしてくれた台湾の人々に、おいしく飲んでもらいたいと、商品開発に取り組んだとしている。

 台湾からの留学生がゼミに所属したことをきっかけに、台湾との交流が深まった。学生が何度も台湾に足を運び、現地調査から、台湾の人々が好むフルーツと合うコーヒーにすることを企画した。コーヒー豆の選定、コーヒーバッグに適した焙煎(ばいせん)、粉砕は、これまでの商品を共同開発した「平野珈琲」(市川市)が協力した。ルワンダ産のコーヒー豆キャヒンダピーベリーのみを使用し、フルーティーで酸味が強く、すっきりとした味わい、という。

 千葉商大生協や平野珈琲、台湾・台南市の「158珈琲屋」などで販売するほか、10月20日開催の「第15回市川まつり」、11月3、4日開催の学園祭「瑞穂祭」でも販売する予定。

 1袋10グラム入りで、税込み1袋120円。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社