ひこにゃんが米ミシガン州アナーバー市で彦根市をPR 姉妹都市提携50周年を祝い、訪問

彦根市役所 ミシガンスタジアムのひこにゃん

 

 滋賀県彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」は、9月19~21日、姉妹都市提携50周年を祝うために米ミシガン州アナーバー市を訪問した。両市の交流の絆を強め、彦根をPRするのが目的。ひこにゃんが海外を訪問するのは9回目で、アナーバー市へは今回が初めて。

 ひこにゃんは滞在中、同市にあるアメリカンフットボールスタジアムや博物館、小学校など8施設を訪れ、ダンスを披露したり、ゲームをしたりして交流を図った。ひこにゃんに会った現地の人からは、「グッズではなく本物にやっと会えた」「心を奪われた」と歓迎されたという。

 両市は「湖がある」という共通点などで1969年に姉妹都市となり、中学生の相互派遣事業などを行っている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社