滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」来館者100万人を突破 10月から滋賀県の秋の魅力を体感するイベントが続々

滋賀県 アンテナショップ「ここ滋賀」

 

 東京・日本橋にある滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」は9月23日、来館者100万人に達した。同館は2017年10月29日にオープンし、当初の見込みより5カ月早く目標を達成した。滋賀の魅力を体感できるさまざまなイベントが貢献したという。

 来館100万人目となった埼玉県所沢市の78歳の男性には「ここ滋賀」の田原利秋所長から記念品として、近江牛しぐれ煮や近江の茶などの「ここ滋賀」商品詰め合わせが贈呈された。

 現在は、10月17日まで「新米フェア」を行っており、滋賀県育成品種の「みずかがみ」などを販売している。9月28、29の両日、今年デビューした「オーガニック近江米」の試食・販売イベントを開催する。

 その他、バラを展示販売する「滋賀のばらフェア」(10月9日)や、滋賀の里山の食材を味わう「ここ滋賀イチオシFood黄金色の里山から」(10月26日)などを行う。

 

・ここ滋賀:http://cocoshiga.jp/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社