「みんなで栗を愛したい」がテーマ 自然栗本舗が「栗屋大賞」開催、栗のレシピや写真など4部門で作品募集

熊木産業 「栗屋大賞」

 

 自然栗本舗 熊木産業(東京都新宿区)は、「みんなで栗を愛したい」をテーマに「栗屋大賞」を開催する。「栗のレシピ」「栗の写真」「栗のイラスト」「栗にまつわるエッセイ」の四つの部門で作品を募集する。応募期間は10月15日~2020年1月20日。

 熊木産業は、東京・四谷の荒木町で100年にわたり、栗を専門に取り扱っており、今年、栗好きのためのコミュニティー「栗好きの会」を発足し、「栗屋大賞」を創設した。「栗好きの会」は、サンプルの試食会や座談会などを通じ、おいしい栗の食べ方や楽しみ方を研究し、栗の新たな魅力を発見することを目的としている。入会金と年会費は不要。

 「栗好きの会」の会員であれば、「栗屋大賞」に応募できる。審査は、「栗好きの会」会員の投票と、料理やフードライターなど有識者による審査員が行い、全部門の中から「栗屋大賞」1点のほか、「各部門賞」(5点)などを決定する。結果発表は20年3月頃の予定。

 

・栗好きの会:https://www.kumakisan.com/hpgen/HPB/entries/23.html

・栗屋大賞:https://www.kuriyat.com/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社