大阪・梅田の地下街で“ちょっと飲もか”  「ホワイティうめだ」にバル街が今年12月、オープン

ホワイティうめだ バル街「NOMOKA(ノモカ)」イメージ

 

 大阪地下街(大阪市北区)が運営する「ホワイティうめだ」に、バル街「NOMOKA(ノモカ)」が12月上旬、オープンする。

 場所は、今年5月から改装工事をしている「泉の広場エリア」内東端の北側。カウンター席中心の店やスタンディングバルなど、さまざまなジャンルの17店舗が軒を連ねる。「NOMOKA」は、大阪弁の“ちょっと飲もか”という気軽な感じで立ち寄ってほしいと名付けたという。

 「泉の広場エリア」は、防災機能や快適性の向上を目的に、現在スケルトン工事による大規模改修を行っている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社