全国のご当地ヨーグルトが岡山県の蒜山高原に集結 「第2回全国ヨーグルトサミットin真庭」開催

第2回全国ヨーグルトサミットin真庭 開催実行委員会 「やってくる ご当地ヨーグルト」

 

 岡山県真庭市の蒜山(ひるぜん)高原で全国のご当地ヨーグルトが一堂に会する「第2回 全国ヨーグルトサミットin真庭」が9月28、29の両日、開催される。

 28日は、シンポジウムが行われ、くらしき作陽大学食文化学部長・宮本拓氏が「産学官連携によるご当地ヨーグルトの商品化」と題し、基調講演する。その後、蒜山酪農農業協同組合(真庭市)や 西山酒造場(兵庫県丹波市)などが、地域に根差した経営戦略について事例発表を行う。

 29日は、中・四国の“うまいもの”が集まる「海の市・山の市」との共同開催で、全国19社約70品目のご当地ヨーグルトを販売する「ヨーグルト・マーケット」が開かれる。ヨーグルトを購入すると投票券が配布され、気に入ったヨーグルトに投票する総選挙も開催する。1位になったヨーグルトに投票した人の中から抽選で、ヨーグルトブロガー・向井智香さんセレクトの「ご当地ヨーグルト詰め合わせ」が当たる。

 昨年、茨城県小美玉市で開催された第1回ヨーグルトサミットは、来場者数が3万9000人を超えた。ご当地ヨーグルトは保存料を使っていないものが多く、離れた地域への流通が困難なことから、全国のヨーグルトが味わえる貴重な機会となる。

・HP:https://yogurt-maniwa.com/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社