ゾウ使い体験など、さまざまな動物と触れ合おう 岩手サファリパークが「アニマルバケーション」を開催

岩手サファリパーク 「アニマルバケーション」(アジアゾウのカンムアンとトングゥン)

 

 岩手サファリパーク(岩手県一関市)は9月14~29日、秋の行楽シーズン向けイベント「アニマルバケーション」を開催する。今年4月に仲間入りした2頭のアジアゾウを中心に、さまざまな動物たちと触れ合える。

 ゾウ使い体験は、8歳以上を対象とし、土日祝日に1日2回(午前11時からと午後1時から)開催する。各回先着10人限定で、参加費は1人1000円。ゾウのパフォーマンスショーも土日祝日に1日2回(午前11時45分からと午後2時15分から)開催し、観覧無料。

 このほか、土日祝日に開催するイベントとして、ピューマのエサやり体験、ヨザルふれあい撮影会、羽根ペンや缶バッジなどを作る工作教室が予定されている。シロフクロウの餌やり体験やペンギンの散歩、フラミンゴショーは毎日開催する。

 

・詳細:https://www.iwate-safari.jp/event/1443

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社