「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2019」 5部門中3部門でタカラトミーグループが1位を受賞

タカラトミー 「Rizmo(リズモ)」(7,980円(税抜)、9月14日(土)発売)

 

 タカラトミーグループは、「クリスマスおもちゃ見本市2019」で発表された「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2019」で、5部門中3部門で1位を受賞した。

 1位だったのは、「女の子向け玩具」部門で「すみっコぐらし」のカメラ機能付き液晶トイ「すみっコぐらし すみっコさがし」、「ゲーム・パズル」部門でスポーツをテーマにした「人生ゲーム スポーツ」、「バラエティ」部門で、一緒に遊んだり音楽を聞かせるとしっぽが生えて進化するサプライズトイ「Rizmo(リズモ)」。

 「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2019」は、玩具の小売・流通業者約1000人の事前投票で「今年のクリスマス商戦で特に売れると思う」「特に売っていきたいと思う」おもちゃを選出した。見本市の出展メーカー47社の一押し商品185点の中から、5部門で上位5点が選出される。審査部門は「男の子向け玩具」「女の子向け玩具」「幼児・知育玩具」「ゲーム・パズル」「バラエティ」の5部門。

 タカラトミーグループは、各部門で2~5位にも多数の商品がランク入りし、「男の子向け玩具」は2~5位を独占した。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社