電柱のない安全な街づくりについて考えてみませんか 国土交通省が台風21号から1年を機に呼び掛け

国土交通省 台風21号による電柱倒壊の様子(大阪府泉南市)

 

 2018年8月28日に発生した台風21号の日本上陸から1年が経過した。暴風による飛来物や倒木などにより、大阪府を中心に1700本以上の電柱が倒壊・折損した。

台風や地震などで電柱が倒壊すると道路通行を妨げ、被災地の救助や復旧を遅らせるリスクが高まる。電柱を地中化するなど無電柱化すれば、これらの問題は解決する。また景観がよくなり、歩道も広く使えるようになる。

 国内には現在、約3600万本の電柱が建っており、毎年約7万本のペースで増加している。国土交通省は「無電柱化」を推進しており、ホームページで広く理解を呼び掛けている。

 

・国土交通省ホームページ「無電柱化の推進」:https://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/index.html

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社