マカフィー、国内最大級の情報セキュリティーカンファレンス開催 特別講演に内閣サイバーセキュリティセンターの山内智生・副センター長

マカフィー 情報セキュリティーカンファレンス「2019 Mパワー・サイバーセキュリティー・サミット」

 

 米セキュリティーソフト大手、マカフィーの日本法人(東京都渋谷区)は、国内最大級の情報セキュリティーカンファレンス「2019 Mパワー・サイバーセキュリティー・サミット」を11月7日、ザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区)で開催する。今年で9回目。特設サイトで参加登録の受け付けを開始した。

 今年は、米国マカフィーのスティーブ・グロブマン上席副社長兼最高技術責任者らが登壇し、基調講演でクラウドセキュリティーソリューションの最新動向などについて紹介するほか、内閣サイバーセキュリティセンター副センター長で内閣審議官の山内智生氏が、「情報共有のすすめ ~行う利点、持続的な活動のために重要なこと~」と題した特別講演を行う。

 セッションは、諸外国の産業政策とサイバー攻撃の因果関係、交通・電力の各ISAC(アイザック)における取り組み、米国防総省が求める脅威インテリジェンスなど、セキュリティー業界の最新トレンドや事例などを取り上げる。

 事前登録制で参加費は無料。

 

・特設サイト: https://www.mcafeempower.jp

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社