AIを応用したセキュリティー診断サービスを開始 扶桑電通、ストラテジックサイバーホールディングスと提携

扶桑電通 「SasaL AIペネトレーションテストサービス」

 

 扶桑電通(東京都中央区)は、バルクホールディングス(東京都中央区)の100%子会社、ストラテジックサイバーホールディングス(東京都港区)とセキュリティー分野で提携し、9月1日から人工知能(AI)を応用した脆弱(ぜいじゃく)性診断・ペネトレーション(侵入)テストサービス「SasaL AIペネトレーションテストサービス」の提供を始めた。

 ペネトレーションテストとは、既知の技術を使って、通信ネットワークで外部と接続されたコンピューターシステムに対し、実際に侵入や攻撃を試み、安全性を調査するテスト手法の一つ。

 扶桑電通が持つ情報通信技術(ICT)コンビニサービスのセキュリティーソリューション群に、バルク社が提供する最先端のプラットフォームによるペネトレーションテストを組み合わせ、顧客のコンピューターシステムの安全性を、調査から対策までワンストップで対応する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社