「陸前高田プロジェクト」報告会を9月9、10日に開催 立教大とスタンフォード大、香港大、シンガポール国立大生が参加

立教大学 「陸前高田プロジェクト-震災復興に関する課題基盤型学習-」過年度の成果発表会の様子

 

 立教大学(東京都豊島区)は、9月9日に岩手県陸前高田市の「陸前高田グローバルキャンパス」で、9月10日に立教大池袋キャンパスで、「陸前高田の魅力を伝えるコンテンツを作成し、発信する」という課題の成果報告会を開催する。

 プロジェクトの実施は今年で7回目。立教大生13人のほか、米スタンフォード大学から5人、香港大学から3人、シンガポール国立大学から1人の学生が参加する。海外3大学の学生は、事前に陸前高田市や東日本大震災について学んだ上で来日し、9月3、4日の事前研修から合流し、9月5日から4泊5日の現地研修、9月10日からの事後研修に参加する。

 「陸前高田プロジェクト―震災復興に関する課題基盤型学習―」は、被災地の現状を広く知り、復興における課題の共有を通じて陸前高田市の復興支援に寄与することを目的としたプログラムで、履修単位は2単位。プログラムの使用言語は英語だが、報告会は英語と日本語で行う。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社