アルベルトとアベジャが業務提携 人工知能によるビッグデータ分析プロジェクトと機械学習サービスで

株式会社ABEJA/代表取締役社長CEO 岡田 陽介氏、株式会社ALBERT/代表取締役社長兼CEO 松本 壮志 ほか

 

 人工知能(AI)を活用したビッグデータ分析を手掛けるアルベルト(東京都新宿区)とディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を行っているアベジャ(東京都港区)は8月27日、人工知能(AI)・分析プロジェクトの協業と機械学習サービス「MLaaS」の機能拡充に向け業務提携した。

 業務提携によって、アルベルトはアベジャの顧客に対して、AIを使ったシステムのソリューションを提示、実装を推進する。一方アルベルトの顧客はアベジャプラットフォームを使ってAIの開発・運用を行うことが可能になる。

 MLaaSの機能拡充については、第1弾として、アルベルトが提供するAI画像認識サービス「タクミノメ」で共同開発を行う。「タクミノメ」を「アベジャプラットフォーム アクセラレーター(α版)」に搭載することで、顧客は一から画像認識のデータを作る必要がなくなる。例えば製造業では基板のハンダ付け不良など、外観から分かる不良を検知するAIを顧客が自社で構築することが短期間で可能になる。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社