中小トラック運送事業者に向けた「最新のBCP対策」 東ト協連がドラマ映像化

 

 東京都トラック運送事業協同組合連合会(東ト協連、東京都新宿区)は、「防災の日」の9月1日を機に、東京都内の中小のトラック運送事業者に向けて、災害発生から3日で業務の早期復旧を行うための「BCP(事業継続計画)の最新対策」をドラマ映像化した。ドラマを収録したDVD付きの冊子を傘下の協同組合に9月以降配布する。

 今後30年以内に70%の確率で首都直下地震が発生すると予想される中、トラック業界でも有事の際、業務の「早期復旧」と「事業継続」の対策としてBCPの必要性が高まっている。だが、東ト協連に加入する2千余りの事業者の大半は、経営基盤や資本力が弱い小規模零細事業者で、非日常の大規模地震や災害への備えが進んでいない。

 東ト協連は、平時からBCP対策に取り組んでいた場合、どのようにして危機を乗り越えられるのか、ピンチをチャンスに変えて新たなビジネスチャンスをつかむことができるのかをドラマ仕立ての映像にして、分かりやすく解説した。

 DVDのタイトルは「~命をめぐる決断~災害時に備える、家族の命・会社の命」。

 DVDでは、平時から社内に貼っておく「BCP掲示板」(ラミネート仕様)や、専用インターネット使用したクラウド型データベース(災害時情報共有)システム、急な停電でも業務遂行に必要な電源が確保できるポータブル蓄電システム、防災非常用の発光ダイオード(LED)照明など、BCP対策に有用な情報や商品も、ドラマの内容とリンクさせながら紹介している。

 

・詳細:http://www.ttk.ne.jp/bcp-movie/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社