LED「ペットボタル」でイルミネーションを作ろう 立教大学が陸前高田市民向け講座

立教大学 岩手県陸前高田市民向け講座「LED『ペットボタルⓇ』でイルミネーションを作ろう!」

 

 立教大学(東京都豊島区)は、岩手県陸前高田市の市民向け講座「立教たかたコミュニティ大学」を陸前高田グローバルキャンパスで9月7日に開講する。

 電気機器メーカーのサンケン電気(埼玉県新座市)から講師を迎え、同社が開発した地球環境に優しく経済的な発光装置「ペットボタル」を工作し、クリーンエネルギーを生み出す仕組みやまちづくりを学ぶ。ペットボタルは容器に太陽光パネル、充電池、LED(発光ダイオード)を組み込んだもの。昼の太陽エネルギーで発電・蓄電し、暗くなるとLEDが自動的に点灯する。作ったペットボタル100個を陸前高田グローバルキャンパスの入り口の坂道に並べイルミネーションを作る。

 この講座は2017、18年度に続き、3年目。陸前高田市が進めるまちづくりのキーワードをテーマに全2回の講座を開催する。第1回の今回は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」関連の講座となる。年度内に別の内容で第2回を開催する予定だ。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社