「ハンガリーフェア2019」、西新井や渋谷で開催 日本・ハンガリー外交関係樹立150周年記念

駐日ハンガリー大使館 日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念「ハンガリーフェア2019」

 

 駐日ハンガリー大使館(東京都港区)は、2019年が日本とハンガリーの外交関係樹立150周年に当たることを記念して、体験型複合施設「ギャラクシティ」(東京都足立区)と東急グループ4施設(東京都渋谷区)などで8月20日~10月15日、イベント「ハンガリーフェア 2019」を実施する。

 ピアニストのアダム・ジョージさんは、自身の世界ツアーの最後を飾る日本公演としてピアノリサイタルを、9月23日に「ギャラクシティ」内の西新井文化ホール(東京都足立区)、10月6日に霧島国際音楽ホール(鹿児島県霧島市)、15日にオーチャードホール(東京都渋谷区)で開催する。

 卓球とサッカーを組み合わせたハンガリー生まれの新感覚スポーツ「テックボール」を8月26、27日にギャラクシティで、10月10~15日に東急百貨店本店で体験できる。

 このほか、ハンガリーの見どころを紹介する写真展、ハンガリー出身の作曲家エメリッヒ・カールマンのオペラ「チャールダーシュの女王」の衣装の展示、フォアグラやアカシア蜂蜜、ワイン、伝統工芸品などを販売する「ハンガリー物産展」を開催する。

 全席指定チケット制のピアノリサイタル以外は、すべて事前予約不要で、参加費無料。

 

・詳細:https://hungaryjapan150.events/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社