ラグビーW杯日本大会の開幕戦をパブリックビューイング ハイネケン・キリン、「五感」で体感できる〝爆音イベント〟

ハイネケン・キリン パブリックビューイングイベント「爆音ラグビー」

 

 ハイネケン・キリン(東京都港区)は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開幕戦(9月20日、日本対ロシア戦)のパブリックビューイングイベント「爆音ラグビー」を、銀座のミュージックラウンジ「プラストーキョー」(東京都中央区)で開催する。

 「にわかで、いいじゃないか。」をコンセプトに、会場を一夜限りで大改装し、ルールをよく知らないラグビー観戦初心者も楽しめるようにした。フロアの床面に配した40台のスピーカーで、選手が全力でぶつかり合う音、ピッチを駆け抜けていく音が、拡幅されて爆音となり、ラグビーの面白さを「五感」で体感できるという。バーカウンターでは、「ハイネケン」ビールが楽しめるほか、会員制交流サイト(SNS)で映えるフォトスポットも用意される。音楽プロデューサーのKSUKEがゲストDJとして登場する。

 9月20日午後6時開演、参加費は無料だが、チケット登録が必要。

 

・チケット登録:https://bakuon.peatix.com

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社