SNSで映えるひんやり和洋菓子を開発 関西大学がプラタと産学連携商品

関西大学 「ひんやりフルーツの花柄和風タルト」

 

 関西大学社会学部の池内裕美研究室とインターネット販売などを手掛けるプラタ(大阪市)は、産学連携で和洋菓子を開発、8月1日から楽天市場、ヤフーショッピングなどのサイトで販売している。セット販売で各種3000円前後。

 開発したのは、「ひんやりフルーツの花柄和風タルト」「ふわふ和豆乳ティラミスムース」「冷んやり!もっちり!ぷりんあらもぉどら」「ぷるっと美しくずアイス」の4種類。「夏でも売れる和洋菓子」をコンセプトに、学生が4チームに分かれてそれぞれアイデアを出した。フルーツや団子をミックスし、“SNS映え”も狙った。

 「花柄和風タルト」チームのリーダーで3年次生の堀部透生さんは、「花柄の見た目のかわいらしさがポイント。老若男女問わず、家族みんなで一緒に食べてもらいたい」とアピールしている。

 

・楽天市場:https://www.rakuten.ne.jp/gold/tabemore/

・ヤフーショッピング:https://shopping.geocities.jp/tabemore/

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社