アジア航測の高精度な森林情報を少ない初期投資で導入可能に JA三井リースが分割プランの提供を開始

JA三井リース 「航空レーザデータ、森林解析、管理システム」分割導入プラン

 

 JA三井リース(東京都中央区)とアジア航測(東京都新宿区)は業務連携し、アジア航測が手掛ける林業分野での航空レーザーデータや森林解析、管理システムの導入コストについて、分割プランの提供を開始した。顧客は森林組合などを見込んでおり、少ない初期投資で導入することが可能となる。

 通常、森林資源を把握する際、人手による調査が行われている。しかし、人手不足や高齢化、サンプル調査による精度の誤差など、課題が多い。

 アジア航測は自社で保有する航空機と最新鋭のセンサーを用いた空間情報の収集・解析から、活用方法の提案、実施プラン策定まで、一貫したサービスを提供する。

 航空機からレーザーを照射すると、樹冠の表層だけでなく枝葉の隙間から到達したレーザーパルスによって地表面が計測できる。このデータを解析すると、樹高、本数、材積などが把握でき、伐採計画や境界明確化などに活用できる、という。

 

・分割プラン詳細:http://www.ajiko.co.jp/dl_data/shinrin_lease.pdf

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社