ロングセラーの数学書「いかにして問題をとくか」を新カバーデザインに 丸善が創業150周年を記念し店舗限定で発売

丸善出版 「いかにして問題をとくか」通常デザイン(左)、同 150周年記念限定デザイン

 

 丸善出版(東京都千代田区)は、「いかにして問題をとくか」の新カバーデザインを丸善ジュンク堂書店限定で発売した。

 丸善は、1869(明治2)年、福沢諭吉の門下だった早矢仕有的(はやし・ゆうてき)が創業し、2019年に150周年を迎えた。新カバーデザインの発売は、これを記念した。

 「いかにして問題をとくか」は65年にわたって読み継がれてきた数学書。プログラミング教育などで改めて注目されるヒューリスティック(経験則)や論理的思考法を学ぶことができる。同社によると「問題解決の思考法はあらゆる場面に応用でき、内容は古びることない」としている。

 新デザインは、内扉のデザインを元に作成した。見返しには思考プロセスの四つのステップも書かれており、本書のエッセンスが詰まったものになっている。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社