ブリヂストンタイヤ装着チームが14連覇 鈴鹿8時間耐久ロードレース、表彰台独占も8回目

ブリヂストン 優勝した「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」

 

 三重県の鈴鹿サーキットで7月25~28日に開催されたオートバイの第42回鈴鹿8時間耐久ロードレースで、ブリヂストン(東京都中央区)がサポートしたカワサキ・レーシング・チームが優勝した。ブリヂストンのタイヤを装着したチームの優勝は、2006年の初優勝から14年連続となり、タイヤサプライヤーとして連続優勝の記録を更新した。

 またブリヂストンがサポートしたヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが2位、レッドブル・ホンダが3位となり、表彰台をブリヂストンのタイヤを装着したチームが独占した。表彰台の独占は8回目。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社