370万画素の超高画質録画が可能なドライブレコーダー セルスター工業が「CS-81WQH」を新発売

セルスター工業 ドライブレコーダー「CS-81WQH」を

 

 自動車関連エレクトロニクス製品の開発・製造・販売を行うセルスター工業(神奈川県大和市)は、超高画質録画が可能なドライブレコーダー「CS―81WQH」を発売した。オープン価格。

 面積や画素数がフルハイビジョンの約1.8倍のWQHD(WideQuadHD)サイズで370万画素の映像の録画が可能だという。マイクロSDカードに独自のファイルシステムを適用しているため、録画ファイルの断片化がなく、定期的なデータ初期化の必要がない。夜間やトンネルなど光量の少ない場面や、急激な明るさの変化に対応し、高画質でノイズの少ない鮮明な映像を記録できる。このほか、ワンタッチで任意の場面をすぐに録画できる機能、衛星利用測位システム(GPS)で、高速道路上の逆走が発生しやすいなどの危険なエリアを警告音と画面表示で知らせる機能なども備えている。

 

・詳細:https://www.cellstar.co.jp/products/recorder/cs/cs-81wqh.html

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社