玄界島産アワビ・サザエをドローンで宅配サービス NTTドコモがANAホールディングスの検証に参加

NTTドコモ 「ACSL社製 PF-1」ドローン(ANA仕様)

 

 ANAホールディングス(東京都港区)が実施している小型無人航空機(ドローン)事業化に向けた検証に、LINE Fukuoka(福岡市)、自律制御システム研究所(千葉市)、NTTドコモ(東京都千代田区)、ウェザーニューズ(千葉市)が参加する。福岡市も協力し、福岡市の玄界島と西区にある「活魚茶屋 ざうお本店」間、玄界島と能古島キャンプ村間の2ルートで、LINEで注文した海産物をドローンで輸送する宅配サービス実現に向けた検証を7月30日~8月2日、行う。

 実証実験は、各会場でバーベキューをしている客が、LINEで玄界島産のアワビやサザエを注文し、決済はLINE Payで行う。

 ドローンの飛行距離は玄界島―ざうお本店間が6.4キロ、玄界島―能古島キャンプ村間が10.3キロで、海上から60メートルの高度を飛行し、0.9キロ以下の海産物を運ぶ。

 各社の主な役割は、ANAホールディングスがドローンの運航管理、LINE Fukuokaが注文と決済機能の提供、自律制御システム研究所が機体の提供および運航サポート、NTTドコモがドローンの上空飛行でのLTEネットワークの提供と上空の電波状況を考慮した運航計画の策定支援、ウェザーニューズが気象情報サポートと有人航空機監視のための飛行位置情報提供、福岡市が地域や関係者との調整を担う。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社