新しいコンセプトの日本酒を飲み比べ フォーブスが運営する「銀座 夢酒みずき」で週替わりイベント開催

フォーブス 週替りイベント「FASCINATION SAKE~魅惑の日本酒~WEEK」

 

 ホテルやレストランの運営、コンサルティングを手掛けるフォーブス(東京都千代田区)は、同社が運営する和食店「銀座 夢酒みずき」(東京都中央区)で、人気蔵元が造った日本酒を提供する週替わりのイベント「FASCINATION SAKE~魅惑の日本酒~WEEK」を7月29日から8月31日まで開催する。

 日本酒全体の国内出荷量が減少傾向にある中、近年、蔵元の世代交代が進み、若い造り手が新しいコンセプトの日本酒を造るようになった。先駆けとなったのが、山形県の高木酒造「十四代」で、その影響を受けた若い蔵元たちが革新的な酒造りに挑み、特徴ある日本酒が次々と生まれている。

 イベントは、こうした若い蔵元による日本酒を紹介し、日本酒ファンを増やすことを狙う。

 第1週は、秋田市の新政酒造「新政」、第2週は三重県名張市の木屋正酒造「而今」、第3週は福井県永平寺町の黒龍酒造「黒龍」、第4週は山形県村山市の高木酒造「十四代」。それぞれの週で原料米や精米歩合、醸造年度などが違う酒を飲み比べできる。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社