熊野古道世界遺産登録15周年を記念 三重県、「三重の宝ツアー」の参加者を募集

三重県 「三重の宝ツアー」

 

 三重県は、熊野古道世界遺産登録15周年を記念して、県指定伝統工芸品の尾鷲わっぱと那智黒石の作り手を訪ね、熊野古道を歩く「三重の宝ツアー」の参加者を募集している。

 三重県のアンテナショップ「三重テラス」(東京都中央区)で、三重の魅力をテーマにした「三重の宝トーク」を開催しており、その受講生や三重の宝に関心がある人を対象としている。日程は9月6~8日で、募集人数は先着順に25人(最少催行人数15人)、旅行代金は税込みで3万5000円。申し込みは8月19日まで。

 申し込みや問い合わせは、三重交通(津市)旅行営業部、電話059―224―5161、電子メールはhirata.rie@sanco.co.jp。

 

・詳細:http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000845184.pdf

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社