“キャンプは眠れない”を返上 ビーズがエアマット内蔵のキャンプ用ベッド発売

DOD 「ハンペンインザスカイ」(タン)

 

 ビーズ(大阪府東大阪市)のアウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」は、エアマットを内蔵した、コット(キャンプ用の簡易ベッド)「ハンペンインザスカイ」を発売した。

 「キャンプではよく眠れない」という声が多いことを受け、睡眠やベッドでくつろぐ時間をキャンプでも楽しめるよう開発した。商品名は、エアマットがもたらすクッション性をハンペンになぞらえ、空を飛んでいるかのように高さがあることをイメージした。

 空気注入式マットとコットが一体化した構造になっている。エアマットは、厚さ5センチまで膨らむため、弾力感があり、快適な眠りをサポートする。フレームの上にエアマットがあるため、就寝中にフレームが体に当たる心配もない。幅は約78センチあり、大人の男性でもゆったりとくつろげる。

 脚部のフレームは、高さを39センチか25センチに切り替えられ、小さめのテントにも入れやすいという。フレームを外せばエアマット単体でも使用でき、ベッド、ベンチ、マットの1台3役となる。ベンチとして腰掛けられるよう、静止耐荷重は180キロに設定した。

 付属品に、マット本体や脚部を収納しやすいよう設計した専用キャリーバッグを付けた。展開時には幅広で高さのあるコットだが、コンパクトに持ち運べるよう配慮した。

 重量は5.9キロ、色は黒とタン(黄褐色)の2色。

 オープン価格だが、税別参考価格は2万4000円。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社