本坊酒造が「ホワイト・スピリッツ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」受賞 世界的酒類コンペ「ISC2019」で、本格焼酎「茜風43」が部門最高賞受賞

本坊酒造 本格焼酎「茜風(あかねかぜ)43」

 

 世界的酒類コンペティション「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2019」が7月10日、ロンドンで開かれ、本坊酒造(鹿児島市)の本格焼酎「茜風(あかねかぜ)43」が焼酎部門で最高賞「トロフィー」を受賞した。

 本坊酒造は、ホワイト・スピリッツ(無色の蒸留酒)カテゴリーで、日本の酒類メーカーとして初めて、最高の品質評価を得たメーカー1社に贈られる「ホワイト・スピリッツ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」も受賞した。同社はこのほか、金賞2、銀賞8を獲得した。

 ISCはイギリスの酒類専門出版社「ドリンクス・インターナショナル」が主催するスピリッツを対象にした品質・味覚競技会だ。ジンやウオッカ、テキーラなど複数の部門があり、著名なスピリッツ業界の専門家によるブラインド・テイスティングで審査される。カテゴリー別に金賞・銀賞・銅賞を選出し、最高賞として「トロフィー」の称号が設けられている。

 「茜風43」は、17年に特許を取得した仕込み技術「すりおろし生芋製法」を採用し、すりおろした生のサツマイモを使用して2次仕込みを行う独自製法で製造している。700ミリリットルで税込みの参考小売価格5400円、9月発売予定。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社