印象に残っているのはどの広告? 「交通広告グランプリ2019」が決定!

 毎日の通勤・通学で目にしている、駅構内や車両などの交通広告。勇気をくれる作品やホッとする作品、はたまた「そう来るか!」と驚くような数々の広告は、クリエーターたちへの称賛と共に見る者の目を楽しませてくれる。

 7月22日、東京都内で「交通広告グランプリ2019」の贈賞式が行われ、各受賞作品が発表された。2018年4月から2019年3月の間に「JR東日本」「つくばエクスプレス」「ゆりかもめ」「りんかい線」「JR貨物」の、車両および駅のメディアに掲出された交通広告作品1,730点から、グランプリ1点と6部門の各最優秀部門賞1点(計6点)と、優秀作品賞5点(計30点)、JR東日本賞1点の38点が選出されている。

JR代々木駅ホームに掲出したグランプリ受賞作、IMAGINE 2020 Printed By TOPPAN『2020年夏、東京。42.195km。』

 見事、グランプリを受賞したのは、代々木駅ホームに掲出された、凸版印刷のIMAGINE 2020 Printed By TOPPAN『2020年夏、東京。42.195km。』という、横幅約30メートルの大きな広告作品だ。

審査員の十文字美信氏(写真家)

 グランプリに選出した、審査員の十文字美信氏(写真家)は「私がこの作品を推した理由は、中の1枚の写真です。パラリンピックの疾走する車いすレースではなくて、引かれたのは手前に写るかばんを持ったスーツ姿の男性と女性です。まったく見向きもせずに、『私たちには関係ありません』みたいな感じに見えませんか? なぜこの2人が登場したのでしょうか? 人の気持ちとか印象に残ることとか感情というのは一筋縄ではいかない。複雑なものだと思います。ですから印象に残るというのは何もすごいスケールの大きく、あるいは最新のデジタル技術を使った、そういう広告じゃなくても良いのではないでしょうか。」とコメントをした。

パラリンピックとかばんを持ったスーツ姿の男性と女性(広告右側部分)

 広告の第一線で活躍する、クリエーターたちが制作した交通広告。今年の交通広告グランプリ受賞作品は8月20日~21日まで、東京駅八重洲北口のサピアタワー「ステーションコンファレンス東京5F」で開かれる、受賞作品展示会で鑑賞できる。

 将来、クリエーターを目指す人や、未来のデザイナーは、この機会に足を運んで刺激を受けてみるのも良いかもしれない。

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社