オムロンヘルスケアが自宅で本格的ケアのマッサージ機器発売 首・肩回り用の「HM-150」と腰・背中用の「HM-350」

オムロンヘルスケア 「オムロン ネックマッサージャ HM-150」

 

 オムロンヘルスケア(京都府向日市)は、四つのもみ玉とヒーターで首や肩回りの凝りをほぐすマッサージ機器「オムロン ネックマッサージャ HM-150」と、腰や背中の凝りをほぐす軽くてコンパクトな「オムロン クッションマッサージャ HM-350」を7月25日に発売する。

 近年うつむいた姿勢でのスマートフォン使用や、長時間にわたる同じ姿勢でのデスクワーク、日常的な運動不足などによって、肩や首の凝りや慢性の腰痛を訴える人が増えている。

 HM-150は、もみ玉を従来の二つから四つに増やし、形状と回転方法を見直した。首や肩回りにフィットしやすい形状で、ヒーター機能を搭載、患部を温めながら、しっかりもみほぐせる。「速い」「遅い」の2段階のスピード切り替えと、もみ玉の回転方向を切り替えられ、その日の気分や凝り具合に合わせて選ぶことができる。本体の色は、レッドとブラウンの2色。

 HM-350は、椅子や床に置いてマッサージができるクッションタイプ。最も厚い部分で約10.5センチの薄型で、椅子に座って腰や背中に当てても体が反りにくい。ヒーター機能のほか、新たにバイブレーター機能を追加、細かな振動を与えながらもみほぐすことができる。色は、ブラウン、レッド、ブルーの3色。

 オープン価格だが、税別の想定市場価格は、「HM-150」が1万1880円、「HM-350」が7980円。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社