20キロ以上の自転車での長距離移動に半数がママチャリを利用 au損保が全国調査、「お金かからないから」などが理由

au損害保険 「Q. 20キロ以上を自転車で遠出したときに乗っていた自転車の種類は何ですか?」

 

 自転車保険を販売しているau損害保険(東京都港区)は、全国の男女2000人を対象に、自転車での長距離移動について、アンケートを行った。北海道、東北、関東、北陸、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄の8地域ごとに250人ずつ、3月20~25日にインターネットを使って調査した。

 自転車で遠出をしたときの最も長い距離について尋ねたところ、「約20~100キロ以上」と「約100キロ以上」を合計した割合は、全国で23.3%、地域別では、最も割合の高いのは北海道の27.6%、最も低いのは九州・沖縄の17.6%だった。

 自転車で20キロ以上の移動を経験した人に車種を尋ねると、「シティーサイクル(ママチャリなど)」が、全国で53.6%と最も多く、2位が「ロードバイク」で20.8%、「マウンテンバイク」が9.0%と、多くの人が長距離走行に適した専用自転車ではなく、ママチャリを利用していたことが分かった。ただし、100キロ以上の移動経験者に限定すると、ロードバイクが50.0%、ママチャリは17.1%だった。自転車で長距離移動した理由については、「それ以外の選択肢を考えたこともなかった」が33.7%でトップ、「お金がかからないから」が33.0%で2位だった。世代別では「それ以外の選択肢を考えたこともなかった」は60代が38.1%、「お金がかからないから」は16~29歳が42.7%だった。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社