スマホをかざして「コモコモ」とトモダチになろう 静岡県森町が「ロール プレイング トリップ in モリマチ」開始

静岡県森町 なぞきゃら「コモコモ」

 

 静岡県森町は、7月20日から体験型施設「森町体験の里 アクティ森」で、拡張現実(AR)と“なぞきゃら”、コスプレを掛け合わせた新サービス「ロール プレイング トリップ in モリマチ」を始める。

 地図を見ながら、森にすむなぞきゃら「コモコモ」がすんでいそうな地点を回り、スマートフォンのARアプリをかざして見つけ出す。集めたコモコモの数によって森町茶やコースターなどの景品がもらえる。有料レンタルでコスプレすると、コスチュームのある部分をスマホでかざすことでコモコモが現れる。たくさん集めた“遊者(ゆうしゃ)”にはオリジナルメダルが贈られる。

 森町は首都圏からの交流人口拡大に向け、このサービスを含む「新たな魅力創出発信事業」プロジェクトを始めた。プロジェクトには、ふるさと納税の寄付金も一部活用しているという。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社