ARとAIでアニメキャラが天気予報 島津ビジネスシステムズのアプリ「お天気JAPAN」

 

 島津ビジネスシステムズ(京都市)は、拡張現実(AR)を活用したiPhone向け天気予報アプリ「お天気JAPAN」の提供を始めた。

 かざしたスマートフォンの方向にある現実世界を背景に、スマホの中にアニメーションのキャラクターが現れ、晴れや雨、雪などの天気予報をARと人工知能(AI)で表現する。スマホのカメラに映った物をAIが認識し、その形の雲をAR空間に浮かび上がらせる「AI雲メーカー」の機能もある。

 防災や減災にも活用できるよう①警報注意報、15時間雨量予想を一覧できる「Myウェザー」②今後の雨の予想と土砂災害、浸水危険度が詳細に分かる「雨予想マップ」③全国で発生した地震や津波予想がリアルタイムに見られる「地震、津波情報」④雨雲の接近や落雷、竜巻危険度、地震速報など防災情報を瞬時に通知する「プッシュ機能」―を備えた。

 3Dアニメーションの開発は京都国際マンガミュージアム事業推進室が手掛けた。

 アプリのダウンロードは無料で、一部有料会員向けの機能がある。

 

・アプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/id1449112935

・PR動画:https://youtu.be/6CGVN84QxW8

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社