生前に情報資産の管理・継承を準備できる IT終活サービス「CUall」スタート

シーユーオール 「CUall(シーユーオール)」サービス概要図

 

 シーユーオール(東京都港区)は、生前に個人の情報資産やIT資産の取り扱いを設定し、あらかじめ本人が指定した第三者にその情報を通知するIT終活サービス「CUall(シーユーオール)」を開始した。

 亡くなった後に、家族や仲間に思いを「メッセージ」で伝えると同時に、IT関連資産やエンディングノートの情報などについて、事前に把握・管理・共有の設定をしておくことで、残された人たちが困らないようサポートする。会員制交流サイト(SNS)のアカウントの取り扱いや、普段使っているIT機器のアカウント情報、加入している保険の情報など、それぞれ事前に設定した人だけに伝えることができる。メッセージは、文字だけでなく音声・動画ファイル付きでも送信可能で、SNSへの自動発信もできる。処理実施のきっかけ(スイッチ)だけを分離して第三者に依頼する2段階完全分離方式のため、終活設定内容を事前に他人に知られることなく準備できる。また、スイッチのミスを有限時間内での本人確認で防ぐ仕組みもある。

 

・詳細:https://cuall.net

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社