理想のオフィス空間づくりを目指し、実証実験 働き方改革をテーマに9社が参加

オカムラ 「point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)」概念イメージ

 

 オカムラ(横浜市)やパナソニック(大阪府門真市)など9社は、会員制の有料貸しオフィス「ポイントゼロ マルノウチ」(東京都千代田区)で7月16日から理想のオフィス空間づくりに向けた実証実験を開始する。

 「ポイントゼロ マルノウチ」は、働き方改革をテーマに、動線や仕事中の姿勢、室内の温湿度、内装デザイン、照明、香りなどさまざまな要素が、働く人に及ぼす効率性や創造性、健康への影響を収集して分析する。オープンスペースや会議室、集中ブース、仮眠ブースなどを備えている。

 実証実験に参加するのは、オカムラ、ダイキン工業(大阪市)、東京海上日動火災保険(東京都千代田区)、ライオン(東京都墨田区)、MyCity(東京都千代田区)、アサヒビール(東京都墨田区)、TOA(神戸市)、TOTO(北九州市)、パナソニック。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社