茨城県日立市が定住や空き家利用の促進で助成事業 子育て世帯と若年夫婦世帯が対象

茨城県日立市の街並み

 

 茨城県日立市は、定住促進や空き家の利用促進などを目的とする「3つの新しい住宅関係助成事業」を7月1日から開始した。

 「山側住宅団地住み替え促進事業」は、高齢の居住者が多く、街の活力低下が懸念される12の山側住宅団地で、子育て世帯、若年夫婦世帯の住み替え支援を行い、生活環境の維持を図ることで、多様な世代がバランスよく住み続けるまちづくりを進める。中学生までの子どもを養育している子育て世帯と、夫婦いずれかが40歳未満の若年夫婦世帯を対象に、住宅取得などにかかる費用を最大101万5000円助成する。賃貸の場合の助成は、最大34万円。

 「空き家利活用促進事業」は、空き家や相続人を含む空き家敷地の所有者、賃借人を対象に、空き家の解体やリフォームの工事費3分の1、最大30万円を助成する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社