宮城県産のとれたてほやほや「ホヤ」を召し上がれ 「みやぎ旬食マルシェ―SUMMER―」、7月13~15日開催

宮城ふるさとプラザ 「みやぎ旬食マルシェ‐SUMMER‐」

 

 宮城県アンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」(東京都豊島区)は7月13~15日、「みやぎ旬食マルシェ―SUMMER―」を開催する。宮城県産ホヤのさまざまな味わい方を紹介しながら、ホヤを使った商品の試食を通じてその魅力をPRする。殻付きの生ホヤや希少価値の高いへそホヤなど、販売コーナーも充実させた。

 ホヤは、宮城県が生産量日本一で、甘味、酸味、苦味、塩味、うま味の“五つの味”があると言われている。むき身は肉厚で柔らかく、栄養も豊富、一度食べると癖になるといわれ、宮城の夏を代表する食材だ。

 イベントは①伊達武将隊と女川町の水産加工業者「いかや」の阿部秀次さんによる「食材PR&試食会」②仙台ロイヤルパークホテルの総料理長、池田一之さんが考案した「美食レシピの試食会」③利き酒師で日本酒学講師の早坂久美さんがホヤに合う日本酒をセレクトした「みやぎSAKEバル」④宮城県産ホヤの「産直販売会」―が予定されている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社