アルツハイマー病の原因タンパク質が神経細胞内に異常に蓄積する謎を解明 同志社大学の研究グループが発表

同志社大学 アルツハイマー病原因タンパク質異常化の謎を解明

 

 同志社大学(京都市)は、アルツハイマー病を引き起こすとされている原因タンパク質が神経細胞内に異常に蓄積する謎を解明した、と発表した。

 アルツハイマー病は、神経細胞内に「タウ」と呼ばれるタンパク質が異常に蓄積し、神経細胞が働かなくなることが直接の原因と考えられている。タウは、健康な人の脳にも豊富に存在しているが、なぜ高齢者の脳で異常な振る舞いをするのかが分かっていなかった。

 同志社大の宮坂知宏准教授、御園生裕明教授、重井医学研究所松山誠室長を中心としたグループは、“タウの異常局在”が認知症につながる重要なステップと考え、組織中のタウを高感度に検出できる抗体を作成し、さまざまなモデルマウス脳でのタウの産生や局在を調べた。その結果、タウは本来、周産期(出産の前後の期間)に子どもの脳の神経細胞で盛んにつくられ、脳の発達とともに産生にブレーキがかかり、その後はあまりつくられなくなることが分かった。この時期につくられたタウは、神経細胞の「軸索」に運ばれ、神経機能の維持のために使われると考えられている。しかし、このルールに反して、脳の成熟後にタウがつくられてしまうと、軸索に運ばれずに細胞体に蓄積され、これがやがてアルツハイマー病のような病変を形成することを突き止めた。

 研究グループは「タウの正常な機能にはつくられるタイミングが重要で、その破綻が認知症発症の鍵となる可能性が考えられる」としている。研究成果は米国の専門誌「ジャーナルオブニューロサインス誌」に掲載された。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社