日本触媒、有機EL討論会の「第12回業績賞」受賞 水や酸素に強く長時間の安定駆動が評価

日本触媒 「iOLED®フィルム光源」

 

 日本触媒(大阪市)は、有機ELに関する科学技術の発展への顕著な功績をたたえる有機EL討論会の「第12回業績賞」を受賞した、と発表した。

 有機ELは、大気中の酸素や水分によって素子が劣化するのが長年の課題だったが、日本触媒は、水、酸素に対し安定する材料を開発し、素子構成を反転することで、長時間安定駆動できるフレキシブルな有機ELを実現した。水や酸素に強い有機ELは、保護、バリア層を簡略化できるため、デバイスを紙よりも薄くできる。0.07ミリという業界最高クラスの薄さを強みに、「iOLED フィルム光源」の商品名で市場に投入する準備を進めているという。柔軟性に優れ、さまざまな曲面に沿うという特徴がある。肌に直接貼ったり、棒状の物に巻き付けたりすることができ、これまで適用の難しかった場所や場面での活用が期待できる。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社