還暦に見えない有名人、男性は京本正樹さん、女性は田中美佐子さん PGF生命が今年還暦を迎える男女を対象に調査

PGF生命 「2019年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」

 

 プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル(PGF)生命保険(東京都千代田区)は、4月19~22日、今年還暦を迎える1959年生まれの男女を対象に、「2019年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」をインターネットで実施し、2000の有効サンプルの集計結果を発表した。

 自分の心や体の年齢が何歳くらいに相当するかを尋ねたところ、精神年齢は「50~54歳相当」(29.8%)、「40~44歳相当」(16.3%)に回答が集まり、平均年齢は46.6歳だった。肉体年齢は、50~54歳相当」(32.2%)、「55~59歳相当」(26.5%)、「60~64歳相当」(19.3%)が上位を占め、平均年齢は54.5歳。

 これまでの人生を振り返って、幸せの絶頂だと感じた年齢について聞いたところ、「30~34歳」(21.4%)が最も多く、バブル崩壊前夜の時期がピークだと振り返る人が多いことが分かった。

 還暦に見えない同世代の有名人は、男性が京本政樹さん、春風亭昇太さん、太川陽介さん、女性は田中美佐子さん、片平なぎささん、岡田奈々さんがそれぞれ1~3位だった。

 今年還暦を迎える男女は全国で152万人に上る。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社