住友金属鉱山が学生向けのサマーインターンシップを9月に開催 体験型プログラムで、参加者を募集

住友金属鉱山 「MIND MINING CAMP」(旧別子銅山 東平地区)

 

 非鉄金属メーカーの住友金属鉱山(東京都港区)は、学生向けにサマーインターンシップ「MIND MINING CAMP」を9月に開催、参加者を特設サイトで7月31日午後11時59分まで募集している。

 2020年9月と21年3月に卒業・修了見込みの学生向けに実施するもので、日本一の金産出量がある菱刈鉱山(鹿児島県伊佐市)の坑道内を見学する「菱刈鉱山コース」と、江戸時代から283年間操業し、住友グループの礎となった旧別子銅山(愛媛県新居浜市)を登山する「別子登山コース」の2コースがある。住友金属鉱山はこれまでも事業内容を紹介するサマーインターンシップを開催していたが、こうした体験型プログラムで行うのは、今年が初めて。

 募集人数は、各コースとも選考を行い、10人程度。交通費は全額支給し、宿泊も用意するが、日当はない。

 

・応募:http://www.smm.co.jp/r_info/saiyo/internship/

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社