デニーズの都内3店舗で「EPARKテイクアウト」を導入 店舗で持ち帰りの待ち時間を解消し、キャッシュレスで受け取り可能

「EPARKテイクアウト」

 

 EPARKテイクアウト(東京都豊島区)は、同社のテークアウトシステムをセブン&アイ・フードシステムズ(東京都千代田区)が運営する都内3店舗の「デニーズ」に導入する。

 EPARKテイクアウトは、持ち帰りやテークアウトに特化したサイト「EPARKテイクアウト」を運営し、予約管理システムを提供している。ユーザーは、EPARKテイクアウトに掲載されたデニーズの店舗商品欄から、パソコンやスマートフォンなどを通じて、メニューを30日前から当日まで事前予約し、決済できる。ユーザーは、受け取り時間を指定し、来店することで、店舗での待ち時間が解消でき、キャッシュレスで受け取ることが可能になる。

 導入するデニーズは、南平台店(東京都渋谷区)、品川港南店(東京都港区)、三軒茶屋店(東京都世田谷区)。

 今後、全国展開を視野に入れ、両社で商品開発を行い、サービスの改善を図る、としている。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社