世界遺産、京都の二条城でアートフェアを今秋開催 「artKYOTO」国内外の作品を展示・販売

artKYOTO実行委員会委員長に就任して挨拶を述べる門川大作・京都市長

 

 京都市とアート東京(東京都港区)、電通(東京都港区)、電通ライブ(東京都千代田区)は、国際的なアートフェア「artKYOTO」の開催に向け、「artKYOTO実行委員会」を設立し、前売り券の販売を開始した。

 artKYOTOは、今年9月7~9日に世界遺産の元離宮二条城を舞台に、国内外30のギャラリーや美術商がアート作品を展示・販売する。

 実行委員会は、門川大作・京都市長を委員長に、近藤誠一・京都市芸術文化協会理事長、佐々木丞平・京都国立博物館館長、立石義雄・京都商工会議所会頭、渡辺隆夫・京都府中小企業団体中央会会長・西陣織工業組合理事長が理事を務める。

 入場料は前売りが一般2500円、学生1500円で、当日は一般3000円、学生2000円で別途、二条城への入城料が必要となる。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社