エアコンのパネルに木目や大理石の質感を サンゲツがダイキン工業の「risora」に新たな選択肢

ダイキン工業 「risora custom style」(チーク柄)

 

 ダイキン工業(大阪市)とサンゲツ(名古屋市)は、ダイキンのルームエアコン「risora」の室内機正面のパネルを好みの色や柄に変更できる有料オプションサービス「risora custom style」の新たな選択肢として、木目、大理石、レザーなどの質感を再現するメニューを共同で企画した。6月1日からこのサービスを始める。

 サンゲツの多彩な素材の質感を再現した粘着剤付化粧フィルム「リアテック」を真空・圧空成形で接着する。家具や床、建具に多く採用される木目以外に、石目や和紙など10種の質感を用意した。「リアテック」を家具や建具、柱に採用することで、室内全体のトータルコーディネートもできる。

 「risora 3Dシミュレーション」で設置イメージを確認することができる。

 

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社